シミの敵は外に出ればすぐそこに【レーザー治療で悩み解消】

医療レーザーで美肌ケア

女の人

医療レーザーの仕組みとは

大阪の美容皮膚科や美容整形外科などで受けることができるにきび治療、その大半は医療レーザーを用いた方法です。医療レーザーは特殊な波長のレーザー光を肌にあてていき、ニキビ跡など色素沈着が起きた部位にピンポイントで刺激を与えていきます。その場ですぐに効果がでるというわけではなく、患部を軽くやけどしたような状態にしていくことで肌再生を促していくのです。そのため、にきび治療では効果が表れるまでに少なくとも数日から数週間程度の期間が必要になります。ただ、健康な肌細胞を傷つけることなく、にきびがある部位だけを確実に取り除くことができるのでけっして損な話ではありません。むしろ化粧品を使って地道にケアしていくよりもよっぽど短期的な効果が期待できます。

治療は何回必要なのか

大阪の医療機関で受けることができるにきび治療、基本的に小さな範囲のにきび治療であれば1回のレーザー照射で効果が得られます。多少にきびが大きかったり、真皮層にまで色素沈着が起こっている場合には、1回の治療では十分な効果が得られない可能性もあります。ですが、それでも2,3回程度のにきび治療を繰り返せば自然と症状は治まっていきます。大阪の美容皮膚科、美容整形外科では、それぞれで得意としている治療が異なってきます。医療レーザーマシンに関してもそれぞれで使用しているものが変わってくるため、治療の目的に応じてうまく使い分けていく必要があるのです。大阪でにきび治療を受ける際にも、事前の病院選びでより自分の症状にあった治療、病院を探していくようにしましょう。

Copyright© 2017 シミの敵は外に出ればすぐそこに【レーザー治療で悩み解消】 All Rights Reserved.